市民プールで見たママさんの紫外線対策が完全防備で凄かった

夏の市民プールでの紫外線対策には驚きがありました。夏季限定で行われる屋外の市民プールには、小さな子供さんとお母さんで賑わいます。そのお母さんたちの紫外線対策が、すごいのです。ほとんど全員、水着の上に、ラッシュガードを羽織っています。そして、ラッシュガードのフードまでかぶっておられる方もいるのです。足元も、紫外線対策用のトレンカを履いておられます。素肌は殆どでないという完全防備の紫外線対策です。最近話題になっております、ブルカ、という衣装に非常に似ているのです。信仰に関係は無くても、世の中の流行りなのでしょう。人間の進化論に近いかもしれません。水辺のリゾート、というリゾートチックな雰囲気には、ちょっと見えにくい、ラッシュガードにフード、トレンカと言うのは、海女スタイルにも似ています。既に進化ではなく、回帰現象なのかもしれせん。しかし、夏休み、子供を連れまして、屋外プールには足しげく通いました。ひと夏に一度くらいならば、ちょっと日焼けちゃった、と日焼け止めにビキニ、でも良いかもしれませんが、ほぼ毎日、となりますと、海女スタイル、絶対に焼かない衣装が心強いのです。ほとんどの母親の方が、ラッシュガードにフード、トレンカ、というスタイルですが、私はそれに、サングラスと帽子、日傘を併用してプールサイドで構えています。まだ、子供も小さく、潜ったりはしませんので、プールに入る時もつばの広い帽子はかぶったままにしています。