紫外線対策は食生活の工夫で実践可能

紫外線をあびることはビタミンDの生成などのため多少は必要になります。しかしあまり長時間浴びているとシミを生じさせるなどデメリットのほうが勝ることはよく知られている所です。日焼け止めを塗り日傘や帽子などで紫外線カットをすることは大切ですが、日焼け止めを肌にくまなく塗ることは難しいですし、一年中紫外線対策が必要と言っても夏以外に日傘をさしていると周りから浮いてしまいいい気分がしません。そこで食生活で紫外線対策を行ってみてはいかがでしょうか。紫外線対策ができる栄養素と言えばビタミンA・CそしてEがあげられます。ビタミンAには抗酸化作用があり、さらに皮膚や粘膜を健康に保つ働きもあります。人参やかぼちゃ、ほうれん草に含まれていますが、トマトならメラニンの生成を抑えるリコピンも含まれているためおすすめです。フルーツ類に多く含まれているイメージのあるビタミンCですが、その効果はメラニンの過剰生成の抑制とコラーゲンの生成促進による肌荒れの改善などです。ビタミンCを含む食材は多く存在しますが、水に流れやすい性質から調理方法によっては十分に摂取できないことがあります。野菜を茹でて食べたい場合はゆで汁も飲めるスープにすると残さずビタミンCを摂ることが可能です。また柑橘類をはじめとするフルーツには紫外線吸収効果があるため、摂取は日の当らない夕方から夜が最適です。ビタミンEには抗酸化作用の他、血行を改善し肌の健康を保つのに効果が期待できます。ナッツ類やウナギ、ヒマワリ油や綿実油、大根の葉や赤ピーマンに含まれています。ビタミンEはAとCを一緒に摂ると効果を一層高めることが可能です。紫外線の外的ダメージも体の中から整えることで軽減が可能となっています。ビタミンを含む食品を上手に摂り、紫外線に負けない肌を作りましょう。