日焼け止めを使わない紫外線対策

敏感肌などで日焼け止めが使えない人や、塗った感じが苦手で日焼け止めを使いたくない人もいると思います。でも真っ黒な長袖長ズボンで完全防備して肌を隠すのは暑苦しいし、できるだけ涼し気なファッションで過ごしたいですよね。そんな人にはUVカット素材の洋服がおすすめです。薄手の生地なのに紫外線を90%以上カットする効果のあるものがいろんなメーカーから発売されています。カラーも選べるので夏でも暑苦しく感じないところが良いです。UVカット素材だからといって肌に負担があるわけでもなく、着心地もなめらかで違和感がないです。首回りにもUVカット素材の軽いストールがあります。夏のファッションのアクセントにもなるようなデザインが多いので重宝します。ボトムスはUVカット素材ではなくても、シフォンなどの軽い素材のロングスカートがおすすめです。透け度が高いと紫外線を通しやすいので、きちんと裏地がスカート丈と同じぐらいまであるものを選ぶと良いです。車の運転をしたり自転車に乗る人は特に手の甲が焼けやすくなるので、UVカット手袋をいつもカバンに入れておくと便利です。私はあまり手袋をしている感じを出さないために、肌色のものを使っています。肘の上まであるタイプと手首までのタイプの2種類を持っておくと便利です。足の甲も案外焼けやすいので素足は避けたほうが良いです。パンプスを履くときはUVカットストッキングで、スニーカーの場合は靴下をきちんと履くようにしています。